有酸素運動 記憶力アップ

わが国の高齢者介護は、1963年に老人福祉法が制定された以降、70年代の老人医療費の無料化、80年代の老人保健法の制定、90年代の福祉8法の改正・ゴールドプランの制定など、人口の急速な高齢化が進む中で、時代の要請に応えながら発展してきた。


2000年4月から実施された介護保険制度は、措置から契約への移行、選択と権利の保障、保健・医療・福祉サービスの一体的提供など、わが国の高齢者介護の歴史においても時代を画す改革であり、介護保険制度の導入によって高齢者介護のあり方は大きく変容しつつある。


わが国の平均寿命は世界でも最高水準となった。高齢期は今や誰もが迎えると言ってよい時代となっており、また、高齢者となってからの人生も長い。その長い高齢期をどのように過ごすのかは、個人にとっても社会にとっても極めて大きな課題となっている。


人生の最期まで、個人として尊重され、その人らしく暮らしていくことは誰もが望むものである。このことは、介護が必要となった場合でも同じである。


そうした思いに応えるためには、自分の人生を自分で決め、また、周囲からも個人として尊重される社会、すなわち、尊厳を保持して生活を送ることができる社会を構築していくことが必要である。また、高齢者介護においても、日常生活における身体的な自立の支援だけではなく、精神的な自立を維持し、高齢者自身が尊厳を保つことができるようなサービスが提供される必要がある。


介護保険は、高齢者が介護を必要とすることとなっても、自分の持てる力を活用して自立して生活することを支援する「自立支援」を目指すものであるが、その根底にあるのは「尊厳の保持」である。


今、私たちの直面する高齢者介護の課題をとりあげたい。


「はい、ひざ上げますよー」「バランスを取ってー」。指導員の元気な声に合わせ、輪になった60~80歳代の高齢者9人が「リズム体操」に汗を流す。


大分県宇佐市の安心院(あじむ)地域と福岡大第5内科が行っている認知症予防プログラム「安心院けんこうクラブ」。毎週1回の集まりでは、昼食後に1時間、メンバーが必ず運動に汗を流している。


手足や腰をゆっくり伸ばすストレッチ運動の後、音楽に合わせてひざを上げたり、手拍子を取ったり。台をゆっくり上り下りする踏み台昇降も行う。


一方、東京都世田谷区と都老人総合研究所が行う認知症予防プログラムでは、ウオーキングの習慣を課題としている。


昨年1月から参加している同区の猿橋美恵子さん(73)は、歩数計を身につけ、1日6500歩を目標に歩く。歩き足りない時は、近くの川べりを30分ほど散歩。歩数は毎日記録し、週1回の集まりで報告する。


両地区のプログラムに運動が取り入れられているのは、「運動は認知症を防ぐ効果がある」と考えられているからだ。


カナダで、4615人の高齢者を5年間追跡した研究がある。週3回以上の運動習慣がある人は、アルツハイマー型認知症を発症する危険度が、運動習慣がない人の半分だった。


運動と認知症予防との関係を示す研究はほかにも複数あるが、そのほとんどが「有酸素運動」だ。


有酸素運動とは、肩で息をするほどのきつい運動ではなく、体全体がうっすらと汗をかき、10分以上は続けられる運動のこと。ウオーキングやサイクリング、体操などが代表的だ。


有酸素運動で体の血液循環が良くなり、認知症予防に重要な脳の「前頭前野(ぜんとうぜんや)」や「海馬(かいば)」の血流が増えると考えられている。


安心院の研究では、プログラムに1年間参加した18人は、記憶力が向上するとともに、それらの部位の血流も増えていた。


一方、立つ、しゃがむを繰り返すスクワットなど、短い時間に大きな力を必要とする筋力トレーニングの多くは「無酸素運動」と呼ばれ、認知症との関係を示す研究は少ない。


それでも、足腰が強化されて行動範囲が広がることで、脳への刺激も増えるため、間接的な予防効果はあると考えられている。


猿橋さんは「認知症が防げると信じて、これからも運動を続けていきたい」と話している。


【認知症予防に効果的なウオーキング】

  • ・毎日7000~8000歩
  • ・このうち1日30分の速歩きを週5日ほど(10分ずつ3回に分けてもいい)
  • ・歩幅を普段より1~2割広げて歩く
  • ・歩数計で歩数をチェック、記録し、励みにする
読売新聞
現在位置 : Home » 認知症 / 2006年10月 > 記事詳細

次の記事 : »


前の記事 : «